スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲蒼人形についていろいろ語る

未使用の表情
未使用となってしまった葵の表情です。個人的にはかなり気に入ってます。
実はこれ嬉しいのと悲しいのが混ざった感じです。
使いたかったのにもったいない…。

悲蒼人形について、ちょっとした設定とかなんとか語りたいなと思います。

とゆわけでネタバレなんで追記から。トゥルーエンドクリア後の閲覧をおすすめします。
携帯・スマホからの方は下スクロールでお願いします。
























スクロールお疲れ様でした。
ちょいとだけ悲蒼人形ができた経緯とか裏話やらをお話ししたいと思います。


まず、経緯について
この物語が出来上がったのは単純に辛いことが重なったために浮かんでしまった物語です。
数日後、なんとか私も精神的に落ち着いた頃に、この物語をホラー苦手な方にもできるようなゲームにしたいと思い、制作を始めました。なるべくサクサクと進めるように、かつ、ホラーちっくに。最低限のホラーしか残してないので、「これでホラーゲームなの?」と思った方も大勢いらっしゃると思います。個人的にはその反応で正解だと思ってます。
いや、だって私の周囲、意外とホラー苦手な方多いんだもん。私も含めて。フリーホラーゲームならできるけど、妙にリアルなやつとかバイオとか無理でお。


んでんで、ちょっと裏話
この悲蒼人形で一番見てほしいのは、葵が「生」を選んだ場合のエンディングです。トゥルーエンドは私が葵に幸せになってほしいなと願った上で出来上がった結末なのです。なので一番見てほしい結末を最初に見るであろうノーマルエンド「歩いて行く」にさせていただきました。
生きることを受け入れた葵のちょっとした成長、これからの未来を想像してメッセージを読み取っていただければなと思います。
本当はぶっちゃけて書きたいのですが、人間は考えて気持ちを整理して強くなっていくものだと思ってるので。


おまけ部屋で葵と話した方はわかると思いますが、葵の体験は半分くらい私の体験、生きてきた環境でもあります。
そんな物語だからか賛否両道がありますね。共感できるとかできないとか。
共感できるようにと考えたわけではないので、共感できないなら共感できない方がいいと思ってます。
だって、小さなことですからね。「そんなことで…」と思いますよ。でも、そんな小さなことでも絶望してしまう人がいるのも、また事実なんです。
人間とは自分のものさしでは測れません。基準も人それぞれです。それを理解していただけたらいいかなと。それだけなんです。
共感できるという方も、一人でいろいろ抱え込まないで下さいね。


以下、小ネタなど。もちろんネタバレあります。





小ネタ
・「夜襲という使命感」、「やめとけ」
スティング作品好きさんなら即理解できるネタ。夜襲っていうのは(ry
・「みんなの若者言語事典」
実はギャル文字とか「○○ゎ」とかそんな感じのこと書いてるらしい。
・「解剖生理学」
専門書というか教科書ですね、コレ。
・「料理を三分で!」
私が常々思っていた疑問。これは共感できる方が多いらしい。
・「楽しい童話」
本当は怖いグリム童話。
・「不憫な少女の物語」
某バッドエンド。
・「未成年だからやめとく」
未成年ですからね。
・「何故か余ってた鰹節」
永遠の謎。
・「ソーマの胸のアレ」
スケジュール管理おじさんバッジです。
実はソーマは残念な美的センスの持ち主でして、このバッジかなり気に入ってます。
・「ソーマのタンスの一番上」
い、言わせんな!恥ずかしい!!




設定とか伏線とか
・「記憶世界教室の生徒達」
葵の心の闇の伏線。
・「記憶世界廊下の女子二人」
勇太→恵、ソーマ→葵の伏線。
・「書斎の下の本棚」
葵の心の闇のきっかけとなったものの要因の一つ。
真実の部屋の日記も…。
・「本の部屋の英文本棚」
葵の自問自答
・「ワインが割れた」
蒼の館に限界がきたという伏線…じゃないかな?
・「カッターナイフ」
葵が○○しようとした方法がカッターナイフで腹部を刺すこと。本当の凶器を発見した彼女はこれを使って○○を遂げます。これまでの死亡ポイントの伏線はこれです。
・「本の部屋の時計の時間」
葵が○○をしようとした時間なので、あんな表記になってます。
・「心が読める天使」
創作同人誌ヒロイン、ココアのこと。
おまけ部屋にその同人誌読めるようにしようかと企んでいましたが、原稿が見つからないため挫折しました。



ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: プレイさせていただきました

はじめまして、柚里はつかです。お返事が遅くなって申し訳ありません。
悲蒼人形をプレイ、そして生放送していただき、ありがとうございました。現場に居合わせることができなかったのが残念ですw
ご感想、大変励みになります。ありがとうございます。
最新バージョンはもうすこしで上がるそうなので、気長にお待ちくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 悲蒼人形というゲームに感謝しています。

お返事が遅くなってすみません。柚里はつかです。
悲蒼人形をプレイしていただき、ありがとうございます。
それは辛い体験でしたね。私はそういった経験がないのですが、経験したことがある人が辛いと言っており、まだ乗り越えられていないようです。
さりげない言葉や優しさで人は救われるので、そういうので大丈夫ですよ。

ありがとうございます。いろいろと短編として作りたい作品はありますので、出来たら遊んでいただければ幸いです。
プロフィール

柚里はつか

Author:柚里はつか
STINGゲームとツクールを愛してやまない人。
たまにBLとか夜襲とかほざいてます。

長い間二次創作中心に活動してたが、急にRPGツクールでゲームを作りたくなり、そのままツクールにどっぷりハマったらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぱーつ
自サイト↓
警鐘行進曲(創作・ツクールサイト)

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。