スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにかが崩壊した気がした

悲蒼人形が様々な方によってニコニコ動画だったりYouTubeだったりと実況されているようです。本当にありがとうございます。
ゲームについてのご意見は様々でした。長所短所しっかり言ってくださってるので、反省点を一つ。
これ、万人向けじゃないよね。(まあ当たり前だが)
いや、世の中いろんな方がいらっしゃるので物語や謎解きに不満を感じたりすると思います。しかたないっちゃ、しかたないんですが、そう感じました。まあ、いろんなご意見聞けないと面白くないですもんね。
展開もろ読めだったし、ホラー要素皆無だったですもんね。
ホラーゲームが流行している昨今、私の周囲はホラーが苦手という方が多かったので、「じゃあ、本格的なホラーゲームに慣れるための探索ゲームを作ろう!」と思い立って制作したのが悲蒼人形です。ホラー苦手な方でも楽しめる。がコンセプトなのは、そのためです。
その代わり、少し精神的にぞわっとくるようにと主人公の葵ちゃんに絶望寸前という設定が付きました。
刃物で即死するのはバッドエンドのようなことをしようとしたからです。意味なくあの即死トラップがあるわけではないので。記憶にはなくても体は覚えてる、という感じですね。ちなみに見つけた刃物によって死に方が違ってきます。こちらは道徳的な問題で記載するわけにもいかないので伏せさせていただきます。


あとベクターさんでは探索ゲームのカテゴリに入れてて、ホラーという記述はないんですが、ふりーむさんではホラーゲームのカテゴリに入ってるんで、これってホラーゲームだったんだと思いました。
ふりーむさんにゲーム登録する際、カテゴリーは自分で決められないんですよ。だからホラーに分類されてると知った際には、「あ、ホラーだったんだ…。」と思いましたねw
作った本人ホラーな気がしてませんでしたので、個人的には「え、これホラーなの?」という反応が正解だと思いますw

ホラー好きさんには物足りないと思うので、零月の制作が終わり次第、本格的なホラーゲームの制作を考えてます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柚里はつか

Author:柚里はつか
STINGゲームとツクールを愛してやまない人。
たまにBLとか夜襲とかほざいてます。

長い間二次創作中心に活動してたが、急にRPGツクールでゲームを作りたくなり、そのままツクールにどっぷりハマったらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぱーつ
自サイト↓
警鐘行進曲(創作・ツクールサイト)

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。